難しい資格を取る場合のポイント資格を持っていれば知識が技術があることをアピールできるため、採用試験を受ける時、昇進や昇格を実現する際にメリットがあります。しかし、簡単なものと難しいものがあり、難しいものについては勉強時間を確保することが合格するためのポイントになります。学習能力は個人差が非常に大きい…

ゴール(合格)までの道すじをきちんと立てよう資格を取るための勉強法で大切なポイントは、ゴール(合格)までの道すじをきちんと立てることです。例えば試験が1年後にある資格の勉強をするのであれば、その1年間の勉強計画を始めに立ててしまうことが大切です。勉強を立てる際の注意点は、自分の許容量を超える勉強量に…

公務員と言ってもその種類は様々一口に公務員と言っても、仕事の内容からして大幅に違うことがあります。たとえば、公立学校の教師も公務員ですし、警察官も公務員になります。区役所などで働く職員は地方公務員といいますし、これは国家公務員ともまた違った存在となります。マイナーなものなら、航空管制官や裁判所職員な…

ある程度勉強する箇所を絞るのがポイント法律は条文数も多く、すべてを勉強しているわけにはいきません。すべてを勉強していると、時間がいくらあっても足りなくなるからです。行政書士試験はできれば一年ほどの勉強で取得をしたいものとなりますから、ある程度範囲を絞って勉強していくのが望ましいでしょう。特に民法は条…

司法書士試験には学歴なんて関係ない司法書士の資格の取り方はいたってシンブル。年に1回実施される司法書士試験に合格するだけです。司法試験のように学歴が必要なわけではないので、中卒でも高卒でもオッケー。おまけに前提資格が要るわけでもありません。とはいえ、その試験が難しいのがこの資格の肝で、合格率は約3パ…

そもそも英会話ができないと採用されないことも最近のビジネスシーンでは、英語が当たり前に使われるようになっています。IT関連企業の中には、社内で英語しか使ってはいけないという決まりを作っているところまであります。外資系の企業でも英語能力は必須ですし、今の時代はまず第一に英語系の資格を取得するのが望まし…

税理士資格の取り方について税理士試験には科目選択制度と科目別合格制度という特徴があります。科目選択制度とは全部で11科目ある試験科目から5科目を選択して試験を受けられる制度です。したがって自分の得意な分野や難易度、ボリュームなどによって選べるというメリットがあります。しかし会計科目の簿記論と財務諸表…