税理士資格の取り方について

税理士試験には科目選択制度と科目別合格制度という特徴があります。

科目選択制度とは全部で11科目ある試験科目から5科目を選択して試験を受けられる制度です。したがって自分の得意な分野や難易度、ボリュームなどによって選べるというメリットがあります。しかし会計科目の簿記論と財務諸表論は必須科目になっているので必ず受けなければなりません。また税法科目の所得税法と法人税法はいずれか1科目を受けなければならないので注意が必要です。

税理士の資格は5科目を合格しないと取得できない科目ですが、一度に5科目を合格する必要がない科目別合格制度になっています。したがって税理士試験は1科目ずつから受験・合格することができ、さらに一度合格した科目は一生有効です。

科目別の勉強時間と組み合わせについて

税理士試験の科目は11科目ありますが、科目ごとに難易度やボリュームが異なります。したがって科目ごとに合格するために必要な勉強時間の目安が変わります。

学習時間の目安として、簿記論や財務諸表論の場合は450時間、法人税法や所得税法の場合は600時間、相続税法は450時間となっています。これらの科目をまとめて受験するのは相当大変ですが、比較的ボリュームの少ない酒税法や国税徴収法、住民税や事業税などと組み合わせて受験するのがいいでしょう。

例えば法人税法を受ける時に事業税を受験する方法や所得税法を受ける時に住民税を受ける方法です。どちらもそれぞれ関連のある科目なので効率的に勉強することができます。

税理士とは税金の専門家です。様々な税金についての知識が身につくため、税理士の講座の受講をお勧めします。