そもそも英会話ができないと採用されないことも

最近のビジネスシーンでは、英語が当たり前に使われるようになっています。IT関連企業の中には、社内で英語しか使ってはいけないという決まりを作っているところまであります。外資系の企業でも英語能力は必須ですし、今の時代はまず第一に英語系の資格を取得するのが望ましいですね。メジャーな試験で高得点を叩き出しておけば、採用もされやすくなるのではないでしょうか。これらの資格は海外でも通用するので、もちろん外資系の企業でもその価値は認めてもらえます。

英語はどうやって勉強するのがいいのか

日本人は、中学校あたりから英語を学校で学びます。最近は小学校からすでに英語を学んでいる人も多いです。しかしそれでも、なかなか英会話をスムーズに行えるようにはなっていません。学校の授業だけに頼っていては埒が明きませんから、別途英会話スクールに通うのがいいでしょう。英会話教室なら、受験用の英語ではなくて日常的に使える英語を学ばせてくれます。スピーキングやヒアリングを重視してくれるので、ビジネスシーンで英語を使いたいなら、こうした場所にお世話になるのがいいでしょう。社会人向けのクラスもありますし、恥ずかしいならマンツーマンレッスンを受けるのもありです。

英語系の資格試験は頻繁に行われている

法律系の国家資格等は、年に一度しか試験が受けられないことが多いです。しかし、英語能力を検定してくれる試験は、数カ月に一回行われているので、どのタイミングであっても何かしらの試験には挑戦ができて便利です。すぐに資格が欲しいというなら、試験日時が近い資格を選ぶといいでしょう。有力な英語系試験も数種類あって、どれでも基本的に評価に差は生まれません。

社労士は独立開業が可能なだけでなく企業でも重宝される国家資格です。社労士の講座には通学資格の他に通信講座があり、仕事と両立させながら学習を進めることができます。