ゴール(合格)までの道すじをきちんと立てよう

資格を取るための勉強法で大切なポイントは、ゴール(合格)までの道すじをきちんと立てることです。例えば試験が1年後にある資格の勉強をするのであれば、その1年間の勉強計画を始めに立ててしまうことが大切です。

勉強を立てる際の注意点は、自分の許容量を超える勉強量にしないことです。社会人だと仕事が忙しかったりしてなかなか計画通りにいかない場合があります。少し余裕を持った勉強計画を立てるのがポイントになります。

短時間でもいいので毎日勉強する

次の資格の勉強方法のポイントは、毎日短時間でもいいので勉強をすることです。残業などがあって仕事が忙しいと勉強する時間がなくなってしまいがちですが、忙しい時には通勤時間や昼休みなどを利用して短時間でもいいから勉強するようにしましょう。

勉強は毎日続けて習慣化することが大切です。勉強が毎日の習慣になると歯を磨くのと同じように毎日やらずにはいられなくなります。逆に仕事が忙しいからといって勉強をやらないでいると、だんだん勉強から遠ざかってしまい最後には資格を取得するのを断念してしまう恐れがあるので、短時間でもいいので毎日勉強することが大切です。

計画は細かく立てるとやる気がアップ

資格を取得するための勉強法で計画を立てることが大切だと言いましたが、さらにその計画を細かく立てるとやる気もアップします。

例えば10日間で20ページ分の問題集を解くと計画します。そうすると1日2ページずつ解いていけば10日で20ページ解けるので、1日2ページ解いたらスケジュール帳などにチェックを入れます。そうすると10日後にはスケジュール帳に10個のチェックが入ることになり、達成感を得ることができるのです。

IT業界で働くことを希望しているなら、基本情報技術者の試験を受ける方法が最適です。情報処理の知識や技能を身につけることができますから、採用される確率がアップします。