税理士の仕事と必要性

税理士と顧問関係を結ぶと、税金の計算や税務署に提出する書類の作成を依頼出来ます。また、税務を正しく行えるようにする都合上、帳簿の確認もできるので、経営状態のアドバイスももらえます。個人事業や小規模な企業では社内で対処できることもありますが、規模が大きくなると法人税や消費税などの申告も必要になり、処理が大変になってきます。経営状態の把握と申告書類の作成に、税理士による助力が必要になるでしょう。

税理士の無料相談会に出向く

個人事業主の場合は、確定申告の時期が近くなると、地元の税理士会が主催して申告の無料相談会が開かれることがあります。多くの方が参加するので混み合うことが予想されますが、良い税理士が探せる可能性があります。相談に行って直に話をし、応対の仕方を確かめられるので、顧問契約を結んでも問題がないか判断する目安になるでしょう。

地元の税理士会に相談する

地元の税理士会の支部に連絡をして、最寄りで開業している税理士を紹介してもらうのもいいでしょう。直接予約を取って出向く場合は、当番の税理士が応対できる時もありますし、会社に近い場所の税理士に依頼するのに仲介してもらえることもあります。連絡先が分からない場合は、商工会議所でも相談に応じてもらえることもあるでしょう。

メインバンクの担当者に尋ねる

自社のメインバンクにしている銀行や信用金庫の営業担当者がいる場合、良い税理士を知っているか尋ねてみてもいいでしょう。営業担当者は他の企業や会計事務所にも出入りしていることがありますし、他の担当員同士のネットワークで紹介し合える場合があります。得に信用金庫の場合は、業務提携していることもあり、中小企業の税務を熟知している税理士を紹介できることもあるでしょう。

岡山市は約72万人の人口を有している都市で、郊外には閑静な住宅地や田園が多くあります。市内には税理士事務所も多くあるので、岡山で税理なら岡山市の税理士に相談すると良いでしょう。