フリースクールはどのような扱いになっているか

最近は、昔に比べてフリースクールが増えています。フリースクールとは、従来からある義務教育の学校とは異なり、国で定めたカリキュラムとは違う内容の勉強を行う学校を指します。

基本的にカリキュラムが異なりますので、義務教育過程の年齢のときフリースクールに通ったとしても義務教育の卒業に含まれませんが、義務教育を受けたのと同一に扱う動きも出てきています。例えば、中学生がいじめにあい、学校に行かなかった場合でも卒業したことになるのと同じように、フリースクールでも卒業扱いになることもあるわけです。

現在のところ、義務教育課程を受けず、積極的にフリースクールを選ぶ保護者はまだ少ないです。アメリカでは、フリースクールに通う生徒が多い傾向にありますが、日本では欧米ほどは進化していないのが現状になります。

どのようなフリースクールがあるのか

フリースクールと一言に言ってもさまざまなかたちがあります。最近多いのは、国際化社会を見据えて外国語を専門的に教えているところです。外国人講師を雇い、本格的な語学の勉強することができます。場合によっては、義務教育課程を受けている子供よりも語学ができる子供が多い場合もあります。何より、会話において優れている学校が多いです。

また、特に勉強などを教えず、生徒の毎日の生活は、生徒自身に決めさせるフリースクールもあります。多数決で物事が判断され、自分たちで物事を決めていくため、義務教育過程を経ている子供よりも、考え方が大人の生徒が育ちやすいところもあるでしょう

フリースクールは不登校や引きこもりなど様々な理由から学校へ行く事ができない子供達のサポートを行っている学校です。