自賠責保険だけでは事故対応できない

バイク保険には、ぜったいに加入しなければならない自賠責保険と任意保険の2種類あります。自賠責保険は、公道を走るすべての車やバイクに義務づけされている強制保険です。車や250cc以上のバイクは加入が強制されており、違反すると1年以下の懲役か50万円以下の罰金に処せられます。この保険で補償される内容は、死亡事故による傷害の場合が3千万円です。傷害事故の場合、傷害による損害に対して120万円の保証があります。後遺障害に対しては、介護を要する場合3千万円~4千万円です。その他の後遺障害なら等級数に応じて75万円~3千万円になります。
ただし、この保険の対象は対人賠償だけになります。そのため、対物賠償や搭乗者傷害、人身傷害といったものへの保証がありません。
万一の事故の場合を考えると、任意保険への加入が必要だといえるでしょう。

万一の時に頼りになるバイク保険の保証内容

バイクに関する任意保険は、被害者への金銭的救済はもちろんのこと、加害者の賠償力やライダーの治療費の確保をおこなうことが可能です。これにより個人では、賄いきれない数千万円の賠償金やケガなどのライダー自身の治療費などをカバーすることができます。
自賠責保険では、カバーしきれない損害賠償額を対人賠償保険を無制限にしておけばしっかりと保証することが可能です。自賠責保険では保証されない物損事故の場合でも、対物賠償保険に無制限で加入していれば全額補償してくれます。事故の際に搭乗者がいた場合、その搭乗者の治療費などを負担する必要があります。その際に便利な保証が、搭乗者傷害保険です。この保証は、自賠責保険では対応してもらえないので任意保険に加入しておけば安心です。

バイク保険比較はインターネットで行えます。パソコンだけでなくスマートフォンでも利用でき、何社もの保険プランを知ることができるので保険の検討に役立ちます。