医療費の負担を減らすために

ペットを飼って、最もお金がかかるのは、餌代でもなく、グルーミング代でもなく、医療費でしょう。特に、骨折したり、入院することになった場合、人間とはけた違いの医療費がかかってしまいます。そのため、ペットを飼う人がペット保険に加入するのは、当たり前になりつつあります。

ペットに必要な補償内容を知ることが大切

ペット保険の補償内容は、通院や入院、手術にかかる医療費のほか、車椅子の費用や葬儀代、賠償代やがんの手術代、障害が残った場合の補償などがあります。ペットの種類によって、かかりやすい病気が違ってくるため、最もニーズに合った補償が受けられる保険を選ぶのがベストです。

補償金の算出方法をチェック

また、補償金の算出方法も、保険によって異なるので確認する必要があります。治療費に対して決まった率で補償される定率補償型、一定の金額が補償される定額補償型、限度額以内なら治療にかかった全額が補償される実額補償型などがあるので、自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。

ペット保険加入は飼い主のマナー

また、加入できるペットも保険会社によって違うため、犬や猫などの一般的なペットはない場合、注意が必要です。そして、ペット保険は基本的に掛け捨てとなるため、満額になったからといって還付金がもらえることはありません。補償金額が高いものほど、月々の保険料が高くなる傾向があるので、しっかりと吟味することも大事です。

医療費がないからといって、大切なペットに必要な医療が施せないのは、飼い主にとって辛いことです。飼い主のマナーとして、ペット保険に加入するようにしましょう。

人間と同様に、ペット向けにも様々な保険が用意されています。加入する際には、ペット保険の比較をしてから選びましょう